認知症の予防について

解明されていない病気

認知症に関してはまだまだ解っていない事が多々あります。
それは予防にしても同様です。
「こうすれば絶対に認知症にならない」といったものが確立されている訳ではありませんので、基本的には生活習慣病対策と言っても良いでしょうね。
それは健全な生活を送り健康な生活を送る。
それこそが認知症 予防策でもありますからね。

ストレスを感じない生活が大切

ストレスを溜め込まない生活を送る事もまた、立派な対策があるのです。
現代社会はストレス社会とさえ言われているほどです。
ストレスを溜めない生活というのはそもそも無理があるかもしれません。
ですが、ストレスを生じない生活を送るということではなく、ストレスを「溜めない」事。
これが大切であり、強いては認知症の予防となるのです。
ストレスは体に良い影響がまったくないものです。
ですからストレスを感じないような生活を送る事で、他の症状を防ぐこともなりますので、ストレスを感じているのではないかと思ったら、気分転換をしっかりと行い、ストレス解消に努めるべきでしょう。
なかなかそのような機会がないという人もいるかもしれません。
ストレスは大きく深呼吸するだけでも全然違ったものになるのです。

できる限りの対策を

もちろんストレスだけではありません。
いろいろなものが認知症となってしまうリスクのあるものだと思われています。
ここで大切なのは、何が原因となるのか。
これを理解しておくだけでもリスクを軽減する事になるのではないでしょうか。
どのようなものなのか完全には解っていないとはお話ししましたが、裏を反せば解っている事もあるのです。
認知症で解明されている部分をしっかりと理解する。
これもまた、良い予防策になるのではないでしょうか。
何も解っていないとなると、何をすべきなのかすら解りません。
しかし、どのようなものなのか解っている範囲だけでも理解しておく事で認知症には何が良くて何が悪いのかが見えてくるでしょう。